ブログ

2011/03/13

今日の夜、自宅へ帰り夕刊を見ると、「M9.0」気象庁が地震の規模を修正したとの記事を見ました。

金曜日、2時50分ごろ、私は大阪府吹田市の事務所にいましたが、結構強い揺れを感じました。

ネットで検索すると、大阪の震度は3でした。

その時は、震源は東北か....ぐらいの意識でしたが、大阪が揺れるほどの地震ですから、大きな地震だろうな

とは思っていました。

夜、家へ帰りテレビをつけると、その被害の大きさに改めて驚きました。

私は、兵庫県出身で、阪神・淡路大震災を経験しています。

家族、親戚、友人の大半が、被害の大きかった神戸市、芦屋市、西宮市に住んでいました。

幸いにも、身近で命を落とした方はいませんでしたが、家を失った友人は少なからずおりました。

「もう生きている間に、あんな地震は体験することなないだろうね。」と話していたのに.......

たった16年しか経っていないのに、またあの悲劇が繰り返されてしまったのです。

阪神・淡路大震災では、二次災害の火災で多くの方々が命を落とされました。

今回は、地震のあとの巨大な津波で多くの方が命を落とされています........

津波に飲み込まれた方たちは、命の灯が絶えるまで、どんなに苦しかったか........どんなに悔しかったか.......

どんなに悲しかったか.......

想像するだけで苦しくなります。

阪神・淡路大震災の時、「それでも兵庫県以外の人にとっては、やはり人ごとやなんな.....」と感じたこと

がありました。

今日も、大阪の街は普段通りです。

デパートも居酒屋も映画館も営業しています。

東北と関西、これだけ離れていれば、東北に親戚や友人でもいない方にとっては、仕方ないかもしれません。

それでもなんだか16年前を思い出し、少し悲しく感じたので、「今私にできることは何?......」

と思い、心ばかりの募金をしようと思いました。

関東地方は、節電体制に入り、計画停電を行います。

「今私にできることは何?......」

.


2011/03/10

昨日の読売新聞の記事より

専業主婦ら第3号被保険者の国民年金切り替え忘れ問題で、3号ではなかったのに間違った記録が確定し、既に年金を受け取っている人が、日本年金機構の調査に基づく推計で十数万人に上る可能性があることが9日、わかった。

 調査対象となった夫の転職、失業時などのほかにも、離婚時や、本人の年収が基準を超えたケースでの切り替え忘れが相当数あると見られ、記録見直しなどの対応が必要な人はさらに増える見通しだ。

 政府は、過払いが発覚した際は、年金の返納を求める方向で検討を始めたが、高齢の受給者の生活に大きな影響を及ぼすだけに、見直しの具体案作りは難航しそうだ。

日本年金機構によると、昨年1月、3号記録を持つ加入者と受給者の年金記録を配偶者の記録と突き合わせたところ、103万件に食い違いがあることがわかった。
このうち100人を抽出調査した結果、切り替え忘れがあったにもかかわらず、間違って3号と記録され年金額が増える人が44人おり、うち13人は既に年金を受け取っていた。
単純推計では、13万人程度が正しい記録より多い年金を受け取っていることになる。

対応が二転三転したことで、新たな問題も浮上している。
政府は9日、廃止した救済策に基づいて年金の支払いを行う493人に、過払い分の全額返納を求める方針を固めた。
さらなる混乱が予想される。


☆専業主婦(第三号被保険者)の年金切り替え手続きが必要なケースと問題点

①夫が転職、失業 → 2010年1月時点で103万人の届け出忘れ。
           そのうち、すでに年金受給している人が10数万人??(>_<)

離婚 → 本人が届けないと把握できず........

③本人が年収130万以上 → 所得情報の入手は困難。(パート収入の増加などで扶養からはずれた場合)
               4.4%が未届けの調査結果あり。


過去2回この年金問題を、ブログで取り上げてきましたが、現在2転3転しており、このような事態に発展して

おりま~す((+_+))

本当に全てが、後手後手で、まともに見てられない失態ですね(?_?)

そもそも「第3号被保険者」という概念が、今の時代にそぐわなくなってきているのではないでしょうか?

「第3号被保険者制度」は、1986年4月1日から施行されている制度です。

当時は、いわゆるバブルの時で、3高がもてはやされ、リッチな専業主婦になるのが勝ち組であった時代です。

それからすでに25年も経過しているわけですから、バブルもとっくにはじけていますしね~(?_?)

もはや「夫は外で働き、妻は家庭を守る」という感覚が薄れてきている現代に、はたして主婦年金は必要なので

しょうか??

私は、そこが一番疑問なのですが。。。。(・_・;)

とにかく今後は、切り替え忘れは許されなくなるでしょう。

離婚した際の、切り替えの届け出はくれぐれもお忘れなく!!

2011/03/07

A子さんは、先日、交際していたB男さんの奥さんから「A子さんの不貞行為に対し慰謝料を請求します!」

という文面の内容証明郵便を受け取りました。

そして、A子さんは100万円という請求金額だけではなく、もっと驚きの事実を知ったのです!

そう、A子さんは、この時初めて、B男さんが結婚しており、奥さんと子どもがいたことを知ったのです(>_<)


「民法709条」 不法行為による損害賠償

故意または過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を
賠償する責任を負う。 

「民法710条」 財産以外の損害の賠償

他人の身体、自由若しくは名誉を侵害した場合のいずれかであるかを問わず、前条の規定により損害賠償の
責任を負う者は、財産以外の損害に対しても、その賠償をしなければならない。


つまり民法709条、710条に従い、不法行為による損害賠償は、「不貞行為に対する損害賠償」

そして財産以外の損害の賠償とは、「精神的苦痛への損害賠償」と言え、今回A子さんは「不倫相手

に対する慰謝料請求」として100万円請求されたわけです。

しかし、今回A子さんは民法709条による故意または過失があったのでしょうか??

この場合、故意とは「B男さんが結婚している事実を知っていた」

過失「通常の注意力があればB男さんが結婚している事実を知ることができた」

ということになります。

A子さんに、故意または過失がなければ、B男さんの奥さんに慰謝料を支払う必要はないのです!!

つまり、相手が結婚していることを隠しており、相手が独身であると信じていた場合は、慰謝料請求されたとしても

支払う責任はありません!!

最近では、タレントの森 泉さんがこんな騒動に巻きこまれていましたよね(T_T)/~~~

もし、このようなケースが発生した場合は自己判断せずに、専門機関に相談して下さいね!

2011/03/02

先週はあんなに暖かかったのに、今週はまたまた寒さが逆戻りですね(>_<)

しかし、もう3月に入りました!

春はもうすぐですね ♪♪

今日は、離婚時の財産分与の話題です。

離婚するにあたっては、財産分与は今後の生活の支えにもなり、非常に大きな問題となります。

みなさん財産分与は退職金も対象になるってことご存知でしたか?

40代以降の中高年の方にとっては、特に興味のあるところであると思います。

熟年離婚の場合、結婚後に築いた共有財産も多く、争いになる場合もありますが、法律家の手を借りずに

お二人で協議される場合に見落としがちであるのが、この「退職金」なのです。

会社員の方や公務員の方で、就業規則などに「退職金」の支給が定められていれば「退職金」についても

財産分与の対象として請求できます。

いわゆる妻の「内助の功」のおかげで、夫は長年勤務を続けることができたという考えから、妻にも権利が

あると認めているということです。

もちろん夫が22歳から60歳まで会社員の場合で、婚姻期間が28歳から58歳までのときは、30年間

の部分に対応する額を計算することになります。

しかし別居期間は、婚姻期間の計算においては除かれます。

離婚時には、この将来の退職金の分与についても、離婚協議書の中でしっかり取り決めをしておいて下さいね。

年金分割割合の取り決めもありますし、必ず「公正証書」の形で残しておくことをお忘れなく!!

あっ(+_+)忘れてた~(?_?)という方は、離婚後2年間は、財産分与の請求ができます!

急いで下さい!!


2011/02/26

今週から急に暖かくなりましたが、夜になると「寒いなぁ(+_+)」って感じるまだまだ不安定な気候ですね。

東京は、昨日と今日の最高気温の差が10度もあったそうです(^^)/

みなさんも体調には十分お気をつけ下さいね!

さて、「夫婦の寝室を別にしている夫婦の方が、離婚に至るケースが高い」という調査結果を

どこかで耳にしたことのある方も多いのではないでしょうか?

「まぁやっぱりな~」っという感じですかね~(*^^)v

夫婦が接する時間がそれだけ長いということは、会話も自然に増えますし!

しかし、こんな調査結果もあるのですよ!!

「夫婦の寝室を同じにしている人は、総じて長生きしない傾向にある」というものです。

これは、やはり相手のいびきや歯ぎしり、また寝返り、就寝や起床時間の違いにより、お互いがぐっすりと

安眠できていないからだといいます。

良好な睡眠環境は、健康状態と密接に関係しているからです。

安眠できていないことが毎日繰り返されるわけですから、健康にも影響を及ぼし、結果長生きしないそうなの

です。

もちろん全てのご夫婦にあてはまることはないですが、この調査結果を信じるとしたら、あなたはどちらを選び

ますか?


P1010701.JPG

我が家の「トイレの神様!?」大人キティです(*^_^*)

キャラクターを飾る歳でもないのですが、ちょっと大人なキティちゃんに惹かれセレクトショップで購入(^.^)/~~~

控えめにトイレに飾っています。。。(*^^)v

2011/02/24

サラリーマンの夫が脱サラや失業をした際に、年金の変更届を出し忘れた専業主婦に対する厚生労働省の救済策について、細川律夫厚労相は24日の衆院予算委員会で「28日の総務省の年金業務監視委員会で結論が出るまで、(救済)手続きを留保する」と述べた。
自民党の鴨下一郎氏の質問に答えた。

 細川氏は「(今後の)支払いについては、留保させていただいく。すでに払っている年金の扱いについては、これから決定をさせていただく」と述べた。
 届け出を忘れ、本来支払うべき保険料を支払っていない専業主婦らの救済策については、厚労省が支払いの時効が来ていない過去2年分の保険料の支払いを請求する方針を決定。
今年1月から救済措置を実施し、1月30日現在で2331人が適用を受けた。
一方、総務省の監視委は2年以上前の未納保険料の支払いを免除するのは容認できないと、救済に反対している。
[.]Copyright 2011 SANKEI DIGITAL INC.[.]


えっ!? なんちゅうことやねん(>_<)って感じです!!

以前こちらのブログで話題に取り上げた「第三号被保険者」の年金の種別変更届の出し忘れの救済の問題です。

国民に何の問いかけもなく、救済を開始しており、世論や総務省の年金業務監視委員会から非難を浴びるとこの

始末です(>_<)

なんと情けないことか。。。(?_?)

すでに勝手に救済を始めたものを、また勝手に取り消すんですか~??


NHKでこの問題を、主婦の方にも良くわかるように解説していた番組を観ました。

そこに出した例は、

A子さんとB子さんは、ともに20歳から会社員となり、25歳の寿退社の日まで会社員として、ともに厚生年金

の保険料を納めていました。

そしてその後2人とも、会社員の妻であり専業主婦でした。

しかし2人が35歳になった時、2人の夫がともに脱サラし、自営業を営むようになりました。

この時点で2人は、自身で保険料を納めなくても良い「第三号被保険者」ではなくなったのです。

A子さんは、夫が会社員でなくなってからは「第一号被保険者」への種別変更の届けを出し、毎月、自分の国民

年金の保険料を納めるようになりました。

かたやB子さんは、変更届を出し忘れたため、保険料を全く納めていませんでした。

この2人が60歳になりました。

35歳から保険料を納めていないB子さんは、受給資格の25年を満たしていないため、国民年金を全く受け取れ

なくなってしまいました。

この間の、2人が納めた保険料の差額は、なんと340万円!!です。

この340万円の差を、たった2年間保険料を納めるだけで、将来の年金の受け取り額を同じにします!

なんて政策を実行したのです。。。

当然、不公平だと非難されることは、簡単に予想できたはずなんですよね(?_?)

届の出し忘れを救済されて、ホッとされた主婦の方も、たくさんいらっしゃるでしょう。

その方たちも大変お気の毒ですよね。。。(・_・;)

本当に、年金はトラブル続きです。。。

信用しろ!っていう方が無理な話です。。。

今日は非常に堅~いお話ですが、みなさんはどう思われますか??


2011/02/21

毎年、第一生命の「サラリーマン川柳100選」は非常に面白いですよね。

みなさん見事に世相を反映して、本当に面白く作られてます(^_^)/~

今回100選の中には、この「正社員」がらみの作品が3句も入選しておりましたよ!!

http://event.dai-ichi-life.co.jp/company/senryu/best100.html


昨日の新聞の記事で、興味深いデータが掲載されておりました。

「デフレ不況の今、仕送り額がほぼ30年前の水準に逆戻り」だそうです(・_・;)

全国大学生協連の調査によると、昨年の平均仕送り月額は、4年連続して減少していて

7万1,310円で、1980年代初頭並みなのです(>_<)

また4分の1の学生は、5万円未満の仕送りで頑張っているそうなのですよ(?_?)

30年前といえば、ちょうど今、子どもに仕送りをしている親世代が、学生だったころになりますよね。

その間に住居費はなんと2.7倍に値上がりしているにも関わらずです。。。

現在の学生の食費は、一日当たり約783円に減っているそうです。

これでは3食カップラーメンという感じです。。。

私が学生のころは、「大学4年間はモラトリアム期間であるから、今しかできないことをしなさい。」

などと言う言葉を耳にしていました。

「モラトリアム」
青年が社会で一定の役割を引き受けるようになるまでの猶予期間のこと。
心理学者E.H.エリクソンが提唱した概念。
日本では、精神科医 小此木啓吾のモラトリアム人間論によって広く知られるようになった。

しかし学生時代はモラトリアム期間なんて、すっかり過去のお話のようです(・・;)

現在は就職氷河期で、2回生が終わるころからもう就活の準備に入り、ゆっくり勉強したり、友人と楽しい

時間を過ごしたりなどしている暇はありません。

それに加え、仕送り額だけでは足りませんから、アルバイトにも精を出さなくてはなりません。

本来いろんなことが体験できるはずの学生生活ですが、夢を見ることもなく日々現実との戦いの生活なの

ですよね(?_?)

夢を見なくなった、いえ見ることができなくなった子どもや若者たち。。。

「お見合いの 決め手になった 正社員」

安定志向にならざるを得ないのも淋しい気がしますが、彼らの現実なんですよね。。。

2011/02/18

先週のことです。

私はファーストフード最大手のMで、100円coffeeを飲んでいました。

隣の席に、4人のお客さんが座りました。

おじいちゃん、おばあちゃん、お孫さん(← 小学校低学年の男の子です)

とここまでは、週末Mで良くみかける風景です。

しかしもう一人の男性が、この3人とは、週末のMとは、なんか似つかわしくない感じなのです(・_・;)

その男性は、30代後半ぐらいの男性で、紺のスーツにネクタイ着用です。

よく見ると男性だけハンバーガーや飲み物も頼んでいないようで、おじいちゃんとおばあちゃんに

対して、敬語で話しかけていました。

     男性「こちらへは1時半にお迎えに伺います。」

おばあちゃん「ここは1時半までね。わかりました。」

      私 (もしや運転手さんかぁ?? セレブな家族やなぁ??)

と思っていましたが、その後

おじいちゃん「今日の夜は?」

     男性「ご夕食後、8時にお引き渡しです。」

     私 (???)

情けない。。。(;一_一)

この仕事をしながら、すぐに確信が持てなかったのですが、数分後にはっきりとわかりました。

おじいちゃんがM店内の中で、お孫さんと一緒の写真を、携帯カメラやデジカメで必死に撮影しているのです。

時には席を立って、3人で入れ替わり立ち替わりパチパチ。。。

Mの店員さんに写してもらったりしていました。

何とも微笑ましい場面なのですが、ここは普通の大阪のMの店内。

観光地ではありません。。。

また3人とも、ばりばりの関西人のようで、旅行客のようでもありません。

なのに、おじいちゃんは嬉しそうに店内で、何枚も写真を撮影しています。。。

そうなんです! ハッと気がつきました。

これは「面接交渉権」 正確に言えば「厳格なる面接交渉権の行使」に違いありません!!

いくら子ども夫婦が離婚しても、おじいちゃんとおばあちゃんにとっては、かけがえのない可愛いお孫さんで

あることには変わりませんからね。。。

その日は、めったに会うことができないお孫さんとの貴重なひとときだったのです☆彡

しかしその男性、弁護士さんではないとは思いますが、運転手さん兼見張り役の任務の方であることには

間違いありません。。。

その後、おじいちゃん、おばあちゃん、お孫さんは、夕食後の8時まで、きっと楽しい時間を過ごしたのでしょ

うね(^_^)/~

しっかり見張りをされた中で。。。(?_?)

なんとも複雑に感じた光景でした。。。

P1010635.jpg

その日、100円coffeeのお供に読んでいたのはコレ!!

バブルを少しでも知っている方には、懐かしく読める一冊ですよ(*^_^*)

 

2011/02/16

法制審議会(法相の諮問機関)は15日、父母らによる児童虐待防止のために一定期間、親権を停止できる制度を新設する民法改正の要綱を決定し、江田法相に答申した。

停止期間は最長2年間で、家庭裁判所の審判で停止が決まる。

政府は、要綱に基づく改正案を3月に国会に提出する方針で、同改正案は今国会で成立する公算が大きい。

現行の民法にも、家裁の決定により親権を無期限で剥奪する「親権喪失」の制度がある。しかし、「親権剥奪は親子関係に与える影響が大き過ぎる」という声があり、ほとんど活用されていない。

(2011年2月15日23時36分 読売新聞)


要綱には、虐待やネグレクト(育児放棄)などで「子どもの利益を著しく害する」場合、親族や子ども本人、検察官、
児童相談所所長などの請求により、家庭裁判所が2年以内の期間を定めて親権停止を命じることができるとした。
停止期間は、親の状況や子どもの心身の状態を考慮した家庭裁判所の判断で、延長することもできる。
①児童養護施設などの法人や、②複数人が親権を持てるといった規定も、盛り込まれている。


今、社会問題となっている「児童虐待」問題ですが、政府も「民法改正」という措置に踏み込みました。

これは、非常に大きな改正と言えます。

現在まで、例えば離婚などでも、一度決めた親権者を変更するのは、非常に困難なことであったのですから。

しかし法律を改正し、親権者を一時的に変更したところで、当の親本人、また親子を取り巻くまわりの環境が変わ

らなければ、最終的な解決にはなりません。

虐待されている児童を保護するのが、もちろん最優先ではありますが、虐待する親を、これほど多く生み出した

現在の社会背景を分析し、その原因の元を断ち切らなければ、真の解決には至らず、また虐待は繰り返されて

しまうのです。。。

「虐待してしまう親」を生み出さない社会背景、そこまで遡らなければ「虐待」自体はなくならないのです。。。

2011/02/15      
夫婦のコミュニケーションを研究しているアメリカの博士いわく

「円満な夫婦と破綻する夫婦の違いは、意見の対立を喧嘩に発展させない会話術を心得ていることだ」

と語っています。

つまり「夫婦の亀裂が小さいうちに、冗談を言ったり、ほほ笑みかけたりすることで、修復を試みることができ

るか」どうかが、良好な夫婦関係を続けていけるかの別れ道ということです。

文句はいってもいいが、批判(あら探し)はしてはいけないのです。

批判→ 自己防衛 → 軽蔑 → 無視、拒絶 の連鎖が、夫婦関係を破綻させるそうです。

また女性は、破壊的な批判から始まり、男性は、絶望的な無視によって終わらせる傾向があるようです。

みなさん、心当たりはありませんか?

「女性が、感情的にまくし立て、男性は、耳をかさずにその場から立ち去る」というアレですよ((+_+))

どなたも一度は、そんな場面を経験されているのでは?と思います(?_?)

夫婦関係を円満に保つ秘訣は、やはり「相手を認め、受け入れること」にあるのです。

だから、とにかく会話も「NO!」より「YES!」をたくさん入れることが、大切なのですね!

これは決して、服従するという意味ではありません。

相手をまず認めて、そして理解しようとする姿勢が、「YES!」という言葉に表れているのです(*^_^*)


 

1   2   3   4

初回無料相談

まずはお電話下さい。06-6310-9037

メールフォームはこちら

離婚協議書作成

離婚には心のケアが必要です。

関西全域対応、平日夜9時迄、土日も対応。

事務所は江坂駅徒歩 1 分

アクセスはこちら

江坂駅へは
梅田より電車で 10 分
新大阪より電車で 4 分
  • 面談、電話相談は予約制です。
  • 時間外もできるだけ対応致します。お気軽にお電話下さい。
  • 土曜、日曜、祝日はご予約の方のみの対応となります。
  • 土曜、日曜、祝日もご予約頂ければ、出張相談可能です。

サービス一覧はこちら