民法改正 離婚後 親子が会う機会を

これまでは、民法に、離婚した親子の面会などに関する規定はなかったが、5月下旬の改正で、「離婚する時に面会や交流、養育費の支払いについて取り決めること」が明文化された。

来年6月までに施行される。

ただ今回の法改正は、こうした取り決めを促進するにとどまり、義務づけてはいない。

日本では、協議離婚が全体の9割を占め、当事者同志の話し合いだけで離婚に至るケースが多い。

そのため離婚に至った元夫婦が、「子との面接交渉」について合意するのは容易ではない。

そのため、「離婚届提出時に、子との面接交渉の取り決めをしていないものは離婚届を受理しない」などの改正を求める声があがっている。

「子どもが、離婚により別居となった親に会いたい気持ちがあっても、同居している親に気遣い、本心を言えない」などのケースも多いという。

離婚時に子どもがいるケースは約6割。

離婚後の子どもをめぐる紛争は増加傾向にあり、2009年に家庭裁判所が受け付けた面会交流に関する調停申し立ては、約6900件

2000年の3倍近くに増えているのだ。

まずは「離婚」という選択をしたのなら、一度、無料相談などを利用し、専門家に相談されることをお勧め致します。

「別れてしまえば最後」ではなく、「別れてから始まる」ことの方が多いのです。

別れてからのトラブルを最小限にするのが、賢い離婚といえるでしょう。

また「別れて別居した親に、子どもは絶対会わしたくありません。」と言われる方が、非常に多いのですが、これは法律上も認めることはできません。

「子どもに会わせない」という取り決めはできないのです。

次回は、「養育費の取り決め」についてお話します。

大阪・ 離婚相談

行政書士でカウンセラー。修復のご相談も受付。

離婚を考えている方、離婚を決めた方、夫婦間問題でお悩みの方は一度「岸田明子事務所」にご相談ください。

当事務所が選ばれる 3 つの理由

1.経験

協議離婚の相談実績累計1,000 件以上。

2.親切・丁寧・リーズナブル

離婚の二文字が頭に浮かんだ瞬間から、あなたのお悩みを受け止めます。

3.相談体制

完全予約制の無料相談 ( 初回のみ ) 時間外・土日祝日・ 当日相談対応の事務所です。

完全予約制・初回無料相談

06-6310-9037(相談受付時間 月~金 10:00 ~ 20:00)

相談方法

  1. 面談相談
  2. 電話相談

空きがあれば相談できます

  • 時間外相談
  • 土日祝日相談
  • 当日相談

完全予約制・無料相談

06-6310-9037(相談受付時間 月~金 10:00~20:00)

  • 相談方法1面談相談
  • 相談方法2電話相談

時間外相談・土日祝日相談・当日相談。空きがあれば相談できます。

相談システムはこちら

事務所アクセス

江坂駅徒歩1分
大阪府吹田市豊津町1番30号
江坂ビル4F
  • 梅田駅より電車で 10 分
  • 新大阪より電車で 4 分
対応地域
ページトップへ
事務所案内 MAP
メッセージ サービス一覧
費用 離婚協議書作成サポート
相談システム 相談予約/ご質問
協議離婚の基礎知識 相談事例
公正証書が安心な理由とは?? 離婚用語集
サービスに関するよくある質問 離婚カウンセラー岸田明子のブログ
プライバシーポリシー サイトマップ