夫婦円満と長生きは両立しない?夫婦の寝室との関係性

夫婦円満と長生きは両立しない?夫婦の寝室との関係性

今週から急に暖かくなりましたが、夜になると「寒いなぁ」って感じるまだまだ不安定な気候ですね。

東京は、昨日と今日の最高気温の差が10度もあったそうです

夫婦の寝室と離婚・健康の関係性

さて、「夫婦の寝室を別にしている夫婦の方が、離婚に至るケースが高い」という調査結果をどこかで耳にしたことのある方も多いのではないでしょうか?

「まぁやっぱりな~」っという感じですかね~

夫婦が接する時間がそれだけ長いということは、会話も自然に増えますし!

しかし、こんな調査結果もあるのですよ!!

「夫婦の寝室を同じにしている人は、総じて長生きしない傾向にある」というものです。

これは、やはり相手のいびきや歯ぎしり、また寝返り、就寝や起床時間の違いにより、お互いがぐっすりと安眠できていないからだといいます。

良好な睡眠環境は、健康状態と密接に関係しているからです。

安眠できていないことが毎日繰り返されるわけですから、健康にも影響を及ぼし、結果長生きしないそうなのです。

もちろん全てのご夫婦にあてはまることはないですが、この調査結果を信じるとしたら、あなたはどちらを選びますか?

【関連記事】
熟年離婚が多い原因と離婚にあたり準備しておきたいこと
夫婦円満の秘訣は「NO!」より「YES!」!?

お問い合わせ

pagetop

Copyright (C) 岸田明子事務所 All Rights Reserved.

Copyright (C) 大阪の離婚相談 岸田明子事務所 All Rights Reserved.