厳格なる面接交渉権!?

厳格なる面接交渉権!?

先週のことです。私はファーストフード最大手のMで、100円coffeeを飲んでいました。隣の席に、4人のお客さんが座りました。おじいちゃん、おばあちゃん、お孫さん(←小学校低学年の男の子です)とここまでは、週末Mで良くみかける風景です。しかしもう一人の男性が、この3人とは、週末のMとは、なんか似つかわしくない感じなのです(・_・;)その男性は、30代後半ぐらいの男性で、紺のスーツにネクタイ着用です。よく見ると男性だけハンバーガーや飲み物も頼んでいないようで、おじいちゃんとおばあちゃんに対して、敬語で話しかけていました。

男性「こちらへは1時半にお迎えに伺います。」
おばあちゃん「ここは1時半までね。わかりました。」
私 (もしや運転手さんかぁ?? セレブな家族やなぁ??)

と思っていましたが、その後

おじいちゃん「今日の夜は?」
男性「ご夕食後、8時にお引き渡しです。」
私 (???)

情けない。。。(;一_一)

この仕事をしながら、すぐに確信が持てなかったのですが、数分後にはっきりとわかりました。

おじいちゃんがM店内の中で、お孫さんと一緒の写真を、携帯カメラやデジカメで必死に撮影しているのです。

時には席を立って、3人で入れ替わり立ち替わりパチパチ。。。

Mの店員さんに写してもらったりしていました。

何とも微笑ましい場面なのですが、ここは普通の大阪のMの店内。

観光地ではありません。。。

また3人とも、ばりばりの関西人のようで、旅行客のようでもありません。

なのに、おじいちゃんは嬉しそうに店内で、何枚も写真を撮影しています。。。

そうなんです!ハッと気がつきました。

これは「面接交渉権」正確に言えば「厳格なる面接交渉権の行使」に違いありません!!

離婚届を提出する前に、お子さまとの面接交渉権について取り決めについては、こちらをご覧ください。

いくら子ども夫婦が離婚しても、おじいちゃんとおばあちゃんにとっては、かけがえのない可愛いお孫さんであることには変わりませんからね。。。

その日は、めったに会うことができないお孫さんとの貴重なひとときだったのです☆彡

しかしその男性、弁護士さんではないとは思いますが、運転手さん兼見張り役の任務の方であることには間違いありません。。。

その後、おじいちゃん、おばあちゃん、お孫さんは、夕食後の8時まで、きっと楽しい時間を過ごしたのでしょうね(^_^)/~

しっかり見張りをされた中で。。。(?_?)

なんとも複雑に感じた光景でした。。。

その日、100円coffeeのお供に読んでいたのはコレ!!

バブルを少しでも知っている方には、懐かしく読める一冊ですよ(*^_^*)

お問い合わせ

pagetop

Copyright (C) 岸田明子事務所 All Rights Reserved.

Copyright (C) 大阪の離婚相談 岸田明子事務所 All Rights Reserved.