別居

夫婦が別居するのには、異なる二つの理由があります。

  1. 別居という冷却期間を置くことで、お互いもう一度やり直す方向へ向かうため
  2. お互いまたは一方が、もう一緒に生活していくことが難しいと感じているため

1の理由であればカッとなった頭を冷やす期間になりますが、2の理由での別居は離婚する方向へ近づく期間と言えるでしょう。

しかし、別居中の夫婦であっても離婚したわけではありませんから、婚姻費用負担の義務があります。

妻の収入にもよりますが、別居中の生活費を夫に請求することができます。

別居中の生活費について話し合いがつかない場合は、家庭裁判所に婚姻費用分担請求の調停申し立てをすることになります。

しかし、どんな場合でも生活費の請求ができるわけではありません。

例えば、妻が勝手に家を飛び出して不倫相手と一緒に生活しているような場合は、「悪意の遺棄」にあたり妻は生活費の請求をすることはできません。

ただこの場合でも、子どもと一緒に家を出ているならば、夫は子どもに対して扶養する義務がありますから子どもに対しての生活費は支払う必要があります。

初回無料相談

まずはお電話下さい。06-6310-9037

メールフォームはこちら

離婚協議書作成

離婚には心のケアが必要です。

関西全域対応、平日夜9時迄、土日も対応。

事務所は江坂駅徒歩 1 分

アクセスはこちら

江坂駅へは
梅田より電車で 10 分
新大阪より電車で 4 分
  • 面談、電話相談は予約制です。
  • 時間外もできるだけ対応致します。お気軽にお電話下さい。
  • 土曜、日曜、祝日はご予約の方のみの対応となります。
  • 土曜、日曜、祝日もご予約頂ければ、出張相談可能です。

サービス一覧はこちら