離婚届の不受理申出

一時的にカッとなって離婚届にハンコを押してしまったあとに冷静になり離婚の意思がなくなった場合に、相手に離婚届を提出されても受理されない方法があります。

それが「離婚届の不受理申出」の制度です。

一方が離婚意思がなくなったにもかかわらず、離婚されることのないように防止する方法です。

この申し出を行えば、もし誤って戸籍に記載されてしまっても、その記載を末梢することができます。

平成20年5月1日以降申出を受け付けたものは、無期限で「不受理申出」の効力が、有効となります。

しかし平成、20年5月1日より前に申し出た方は、効力は6ケ月間だけですから、引き続き申出をされる方は、  改めて手続きをする必要があります。

なお「不受理申出」の取り下げは、「取下書」を役所に提出することによりできます。

大阪・ 離婚相談

行政書士でカウンセラー。修復のご相談も受付。

離婚を考えている方、離婚を決めた方、夫婦間問題でお悩みの方は一度「岸田明子事務所」にご相談ください。

当事務所が選ばれる 3 つの理由

1.経験

協議離婚の相談実績累計1,000 件以上。

2.親切・丁寧・リーズナブル

離婚の二文字が頭に浮かんだ瞬間から、あなたのお悩みを受け止めます。

3.相談体制

完全予約制の無料相談 ( 初回のみ ) 時間外・土日祝日・ 当日相談対応の事務所です。

完全予約制・初回無料相談

06-6310-9037(相談受付時間 月~金 10:00 ~ 20:00)

相談方法

  1. 面談相談
  2. 電話相談

空きがあれば相談できます

  • 時間外相談
  • 土日祝日相談
  • 当日相談

完全予約制・無料相談

06-6310-9037(相談受付時間 月~金 10:00~20:00)

  • 相談方法1面談相談
  • 相談方法2電話相談

時間外相談・土日祝日相談・当日相談。空きがあれば相談できます。

相談システムはこちら

事務所アクセス

江坂駅徒歩1分
大阪府吹田市豊津町1番30号
江坂ビル4F
  • 梅田駅より電車で 10 分
  • 新大阪より電車で 4 分
対応地域
ページトップへ
事務所案内 MAP
メッセージ サービス一覧
費用 離婚協議書作成サポート
相談システム 相談予約/ご質問
協議離婚の基礎知識 相談事例
公正証書が安心な理由とは?? 離婚用語集
サービスに関するよくある質問 離婚カウンセラー岸田明子のブログ
プライバシーポリシー サイトマップ