嫡出否認の訴え

「嫡出否認の訴え」とは、夫が子の出生を知ったときから1年以内に起こす訴えのことです。

夫が出生を知ったときから1年経過後は、誰も父子関係を否定できません。

この訴えを起こせるのは夫だけであり、妻からは起こせません。

簡単に言いますと、例えば妻が浮気をし、婚姻中に別の男性との間にできた子であっても、夫がその事実を知ったときから1年以内に訴えを起こさなければ、生まれてきた子は夫の子とされるのです。

(父親が子の出生を知らなかった隠し子に関しては、1年を過ぎても訴えを起こせます。)ただ、例外もあります。

離婚後に、前夫以外の男性との間で妊娠したが、早産であったため離婚成立後300日以内に子が生まれた場合などは、「医師が作成した証明書」を戸籍窓口に提出することにより、前夫の子としないことができます。

また夫が服役中や長期の別居などで、夫婦間に性的関係を持つ機会が明らかにないことが客観的に明白な場合は、裁判手続(親子関係不存在の訴え)により、裁判の確定証明書を戸籍窓口に提出します。

大阪・ 離婚相談

行政書士でカウンセラー。修復のご相談も受付。

離婚を考えている方、離婚を決めた方、夫婦間問題でお悩みの方は一度「岸田明子事務所」にご相談ください。

当事務所が選ばれる 3 つの理由

1.経験

協議離婚の相談実績累計1,000 件以上。

2.親切・丁寧・リーズナブル

離婚の二文字が頭に浮かんだ瞬間から、あなたのお悩みを受け止めます。

3.相談体制

完全予約制の無料相談 ( 初 回 30 分 ) 時間外・土日祝日・ 当日相談対応の事務所です。

完全予約制・無料相談(初回30分無料)

06-6310-9037(相談受付時間 月~金 10:00 ~ 20:00)

相談方法

  1. 面談相談
  2. 電話相談

空きがあれば相談できます

  • 時間外相談
  • 土日祝日相談
  • 当日相談

完全予約制・無料相談(初回30分無料)

06-6310-9037(相談受付時間 月~金 10:00~20:00)

  • 相談方法1面談相談
  • 相談方法2電話相談

時間外相談・土日祝日相談・当日相談。空きがあれば相談できます。

相談システムはこちら

事務所アクセス

江坂駅徒歩1分
大阪府吹田市豊津町1番30号
江坂ビル4F
  • 梅田駅より電車で 10 分
  • 新大阪より電車で 4 分
対応地域
ページトップへ
事務所案内 MAP
メッセージ サービス一覧
費用 離婚協議書作成サポート
相談システム 相談予約/ご質問
協議離婚の基礎知識 相談事例
公正証書が安心な理由とは?? 離婚用語集
サービスに関するよくある質問 離婚カウンセラー岸田明子のブログ
プライバシーポリシー サイトマップ