「善意の物資」行き場なし(?_?)

先日、新聞でこんな記事を見つけました。

こちらは大阪市の場合ですが、他の地域も同じ状況ではないかと思われます。

「必要物資、震災直後から変化」

東日本大震災の被災者支援のため、大阪市が市民から集めた救援物資の多くが、被災地に届けられないまま大量に保管されている。
震災直後に被災地から要請された物資は、発送する時点では、すでに必要とされていなかったのが理由だ。
せっかくの善意が生かされない形になっており、市民からは市の対応のまずさを批判する声も上がりそうだ。

タオル9万枚、おむつ17万枚...
市は現地の要望を地震直後に聞き取り、3月22日から物資の受け付けを新品の5品目に絞って開始。
4月7日までに毛布3593枚、タオル10万177枚、ウエットティッシュ2万7621個、紙おむつ19万9073枚、水(ペットボトル入り)8566本が集まった。

市は岩手、宮城、福島県に必要な品目と数を問い合わせたが、要望は少なかった。
3月31日から5回に分けて発送を始めたものの、結局、毛布約2800枚、タオル9万8000枚、ウエットティッシュ1万5000個、紙おむつ17万1000枚――と寄せられた物資のほとんどが余り、水は全てが残った。

体育館で山積みになった市民からの救援物資(大阪市北区)

阪神、淡路大震災の時も、結局余った物資が破棄されてしまったそうで、神戸市は現金を募ったそうです。

ゴールデンウィーク中は、被災地入りするボランティアも、かえって交通渋滞を招いたりするため、規制しているそうです。

しかし、今でも毎日「救援募金」を募る記事や、「募金箱」を至るところで目にします。

やはり「現金」の支援は必ず役に立つ!!ということを、改めて感じた記事でした。

個人的には以前から、いろんなお祝い事などでも品物ではなく「現金派」です。

送った方が必要なものに使えるからという理由からです。

確かに味気ないような気はしますが・・・ね(-_-)

最終的には、「一人一人ができる範囲での現金での支援は、行き場がなくなることはありません!!」

もちろんボランティアなどの「善意の心」のように直接的な支援ではありません。

お金ではなく、人の力が必要な場面も、たくさんあります。

人の温かさは、心を癒します。

しかし、現金での支援であっても、間接的には必ず役に立つのです・・・!!

間接的な支援であっても、気持ちは同じではないでしょうか?

みなさんはどう思われますか?

大阪・ 離婚相談

行政書士でカウンセラー。修復のご相談も受付。

離婚を考えている方、離婚を決めた方、夫婦間問題でお悩みの方は一度「岸田明子事務所」にご相談ください。

当事務所が選ばれる 3 つの理由

1.経験

協議離婚の相談実績累計1,000 件以上。

2.親切・丁寧・リーズナブル

離婚の二文字が頭に浮かんだ瞬間から、あなたのお悩みを受け止めます。

3.相談体制

完全予約制の無料相談 ( 初回のみ ) 時間外・土日祝日・ 当日相談対応の事務所です。

完全予約制・初回無料相談

06-6310-9037(相談受付時間 月~金 10:00 ~ 20:00)

相談方法

  1. 面談相談
  2. 電話相談

空きがあれば相談できます

  • 時間外相談
  • 土日祝日相談
  • 当日相談

完全予約制・無料相談

06-6310-9037(相談受付時間 月~金 10:00~20:00)

  • 相談方法1面談相談
  • 相談方法2電話相談

時間外相談・土日祝日相談・当日相談。空きがあれば相談できます。

相談システムはこちら

事務所アクセス

江坂駅徒歩1分
大阪府吹田市豊津町1番30号
江坂ビル4F
  • 梅田駅より電車で 10 分
  • 新大阪より電車で 4 分
対応地域
ページトップへ
事務所案内 MAP
メッセージ サービス一覧
費用 離婚協議書作成サポート
相談システム 相談予約/ご質問
協議離婚の基礎知識 相談事例
公正証書が安心な理由とは?? 離婚用語集
サービスに関するよくある質問 離婚カウンセラー岸田明子のブログ
プライバシーポリシー サイトマップ