ブログ

救済手続きを停止=専業主婦の年金漏れー細川厚労相

サラリーマンの夫が脱サラや失業をした際に、年金の変更届を出し忘れた専業主婦に対する厚生労働省の救済策について、細川律夫厚労相は24日の衆院予算委員会で「28日の総務省の年金業務監視委員会で結論が出るまで、(救済)手続きを留保する」と述べた。
自民党の鴨下一郎氏の質問に答えた。

細川氏は「(今後の)支払いについては、留保させていただいく。すでに払っている年金の扱いについては、これから決定をさせていただく」と述べた。
届け出を忘れ、本来支払うべき保険料を支払っていない専業主婦らの救済策については、厚労省が支払いの時効が来ていない過去2年分の保険料の支払いを請求する方針を決定。
今年1月から救済措置を実施し、1月30日現在で2331人が適用を受けた。
一方、総務省の監視委は2年以上前の未納保険料の支払いを免除するのは容認できないと、救済に反対している。
[.]Copyright 2011 SANKEI DIGITAL INC.[.]

えっ!? なんちゅうことやねん(>_<)って感じです!!

以前こちらのブログで話題に取り上げた「第三号被保険者」の年金の種別変更届の出し忘れの救済の問題です。

国民に何の問いかけもなく、救済を開始しており、世論や総務省の年金業務監視委員会から非難を浴びるとこの始末です(>_<)

なんと情けないことか。。。(?_?)

すでに勝手に救済を始めたものを、また勝手に取り消すんですか~??

NHKでこの問題を、主婦の方にも良くわかるように解説していた番組を観ました。

そこに出した例は、A子さんとB子さんは、ともに20歳から会社員となり、25歳の寿退社の日まで会社員として、ともに厚生年金の保険料を納めていました。

そしてその後2人とも、会社員の妻であり専業主婦でした。

しかし2人が35歳になった時、2人の夫がともに脱サラし、自営業を営むようになりました。

この時点で2人は、自身で保険料を納めなくても良い「第三号被保険者」ではなくなったのです。

A子さんは、夫が会社員でなくなってからは「第一号被保険者」への種別変更の届けを出し、毎月、自分の国民年金の保険料を納めるようになりました。

かたやB子さんは、変更届を出し忘れたため、保険料を全く納めていませんでした。

この2人が60歳になりました。

35歳から保険料を納めていないB子さんは、受給資格の25年を満たしていないため、国民年金を全く受け取れなくなってしまいました。

この間の、2人が納めた保険料の差額は、なんと340万円!!です。

この340万円の差を、たった2年間保険料を納めるだけで、将来の年金の受け取り額を同じにします!

なんて政策を実行したのです。。。

当然、不公平だと非難されることは、簡単に予想できたはずなんですよね(?_?)

届の出し忘れを救済されて、ホッとされた主婦の方も、たくさんいらっしゃるでしょう。

その方たちも大変お気の毒ですよね。。。(・_・;)

本当に、年金はトラブル続きです。。。

信用しろ!っていう方が無理な話です。。。

今日は非常に堅~いお話ですが、みなさんはどう思われますか??

何になる?子どもの答えは 正社員

毎年、第一生命の「サラリーマン川柳100選」は非常に面白いですよね。

みなさん見事に世相を反映して、本当に面白く作られてます(^_^)/~

今回100選の中には、この「正社員」がらみの作品が3句も入選しておりましたよ!!

http://event.dai-ichi-life.co.jp/company/senryu/best100.html

昨日の新聞の記事で、興味深いデータが掲載されておりました。

「デフレ不況の今、仕送り額がほぼ30年前の水準に逆戻り」だそうです(・_・;)

全国大学生協連の調査によると、昨年の平均仕送り月額は、4年連続して減少していて7万1,310円で、1980年代初頭並みなのです(>_<)

また4分の1の学生は、5万円未満の仕送りで頑張っているそうなのですよ(?_?)

30年前といえば、ちょうど今、子どもに仕送りをしている親世代が、学生だったころになりますよね。

その間に住居費はなんと2.7倍に値上がりしているにも関わらずです。。。

現在の学生の食費は、一日当たり約783円に減っているそうです。

これでは3食カップラーメンという感じです。。。私が学生のころは、「大学4年間はモラトリアム期間であるから、今しかできないことをしなさい。」などと言う言葉を耳にしていました。

「モラトリアム」
青年が社会で一定の役割を引き受けるようになるまでの猶予期間のこと。
心理学者E.H.エリクソンが提唱した概念。
日本では、精神科医 小此木啓吾のモラトリアム人間論によって広く知られるようになった。

しかし学生時代はモラトリアム期間なんて、すっかり過去のお話のようです(・・;)

現在は就職氷河期で、2回生が終わるころからもう就活の準備に入り、ゆっくり勉強したり、友人と楽しい時間を過ごしたりなどしている暇はありません。

それに加え、仕送り額だけでは足りませんから、アルバイトにも精を出さなくてはなりません。

本来いろんなことが体験できるはずの学生生活ですが、夢を見ることもなく日々現実との戦いの生活なのですよね(?_?)

夢を見なくなった、いえ見ることができなくなった子どもや若者たち。。。

「お見合いの 決め手になった 正社員」

安定志向にならざるを得ないのも淋しい気がしますが、彼らの現実なんですよね。。。

厳格なる面接交渉権!?

先週のことです。私はファーストフード最大手のMで、100円coffeeを飲んでいました。隣の席に、4人のお客さんが座りました。おじいちゃん、おばあちゃん、お孫さん(←小学校低学年の男の子です)とここまでは、週末Mで良くみかける風景です。しかしもう一人の男性が、この3人とは、週末のMとは、なんか似つかわしくない感じなのです(・_・;)その男性は、30代後半ぐらいの男性で、紺のスーツにネクタイ着用です。よく見ると男性だけハンバーガーや飲み物も頼んでいないようで、おじいちゃんとおばあちゃんに対して、敬語で話しかけていました。

男性「こちらへは1時半にお迎えに伺います。」
おばあちゃん「ここは1時半までね。わかりました。」
私 (もしや運転手さんかぁ?? セレブな家族やなぁ??)

と思っていましたが、その後

おじいちゃん「今日の夜は?」
男性「ご夕食後、8時にお引き渡しです。」
私 (???)

情けない。。。(;一_一)

この仕事をしながら、すぐに確信が持てなかったのですが、数分後にはっきりとわかりました。

おじいちゃんがM店内の中で、お孫さんと一緒の写真を、携帯カメラやデジカメで必死に撮影しているのです。

時には席を立って、3人で入れ替わり立ち替わりパチパチ。。。

Mの店員さんに写してもらったりしていました。

何とも微笑ましい場面なのですが、ここは普通の大阪のMの店内。

観光地ではありません。。。

また3人とも、ばりばりの関西人のようで、旅行客のようでもありません。

なのに、おじいちゃんは嬉しそうに店内で、何枚も写真を撮影しています。。。

そうなんです!ハッと気がつきました。

これは「面接交渉権」正確に言えば「厳格なる面接交渉権の行使」に違いありません!!

いくら子ども夫婦が離婚しても、おじいちゃんとおばあちゃんにとっては、かけがえのない可愛いお孫さんであることには変わりませんからね。。。

その日は、めったに会うことができないお孫さんとの貴重なひとときだったのです☆彡

しかしその男性、弁護士さんではないとは思いますが、運転手さん兼見張り役の任務の方であることには間違いありません。。。

その後、おじいちゃん、おばあちゃん、お孫さんは、夕食後の8時まで、きっと楽しい時間を過ごしたのでしょうね(^_^)/~

しっかり見張りをされた中で。。。(?_?)

なんとも複雑に感じた光景でした。。。

その日、100円coffeeのお供に読んでいたのはコレ!!

バブルを少しでも知っている方には、懐かしく読める一冊ですよ(*^_^*)

「虐待防止へ 親権停止」 民法改正か?

法制審議会(法相の諮問機関)は15日、父母らによる児童虐待防止のために一定期間、親権を停止できる制度を新設する民法改正の要綱を決定し、江田法相に答申した。

停止期間は最長2年間で、家庭裁判所の審判で停止が決まる。

政府は、要綱に基づく改正案を3月に国会に提出する方針で、同改正案は今国会で成立する公算が大きい。

現行の民法にも、家裁の決定により親権を無期限で剥奪する「親権喪失」の制度がある。しかし、「親権剥奪は親子関係に与える影響が大き過ぎる」という声があり、ほとんど活用されていない。
(2011年2月15日23時36分 読売新聞)

要綱には、虐待やネグレクト(育児放棄)などで「子どもの利益を著しく害する」場合、親族や子ども本人、検察官、児童相談所所長などの請求により、家庭裁判所が2年以内の期間を定めて親権停止を命じることができるとした。
停止期間は、親の状況や子どもの心身の状態を考慮した家庭裁判所の判断で、延長することもできる。
①児童養護施設などの法人や、②複数人が親権を持てるといった規定も、盛り込まれている。

今、社会問題となっている「児童虐待」問題ですが、政府も「民法改正」という措置に踏み込みました。

これは、非常に大きな改正と言えます。

現在まで、例えば離婚などでも、一度決めた親権者を変更するのは、非常に困難なことであったのですから。

しかし法律を改正し、親権者を一時的に変更したところで、当の親本人、また親子を取り巻くまわりの環境が変わらなければ、最終的な解決にはなりません。

虐待されている児童を保護するのが、もちろん最優先ではありますが、虐待する親を、これほど多く生み出した現在の社会背景を分析し、その原因の元を断ち切らなければ、真の解決には至らず、また虐待は繰り返されてしまうのです。。。

「虐待してしまう親」を生み出さない社会背景、そこまで遡らなければ「虐待」自体はなくならないのです。。。

やっぱり「NO!」より「YES!」!?

夫婦のコミュニケーションを研究しているアメリカの博士いわく
「円満な夫婦と破綻する夫婦の違いは、意見の対立を喧嘩に発展させない会話術を心得ていることだ」
と語っています。

つまり「夫婦の亀裂が小さいうちに、冗談を言ったり、ほほ笑みかけたりすることで、修復を試みることができるか」どうかが、良好な夫婦関係を続けていけるかの別れ道ということです。

文句はいってもいいが、批判(あら探し)はしてはいけないのです。

批判→ 自己防衛 → 軽蔑 → 無視、拒絶 の連鎖が、夫婦関係を破綻させるそうです。

また女性は、破壊的な批判から始まり、男性は、絶望的な無視によって終わらせる傾向があるようです。

みなさん、心当たりはありませんか?

「女性が、感情的にまくし立て、男性は、耳をかさずにその場から立ち去る」というアレですよ((+_+))

どなたも一度は、そんな場面を経験されているのでは?と思います(?_?)

夫婦関係を円満に保つ秘訣は、やはり「相手を認め、受け入れること」にあるのです。

だから、とにかく会話も「NO!」より「YES!」をたくさん入れることが、大切なのですね!

これは決して、服従するという意味ではありません。

相手をまず認めて、そして理解しようとする姿勢が、「YES!」という言葉に表れているのです(*^_^*)

年金切り替え漏れ、専業主婦で100万人超!!

厚生労働省は31日、夫が会社を辞めるなどしたのに、国民年金に切り替えなかった専業主婦が、全国で100万人以上に上る可能性があることを明らかにした。

サラリーマン世帯の専業主婦は「第3号被保険者」とされ、自分で保険料を納めなくても老後に基礎年金を受け取れるが、その資格を失ったのに届け出なかった人は保険料が未納だったことになる。

ただ、厚労省はこのケースについて、直近2年分だけ保険料を納めれば、それ以前の期間分についても基礎年金を支給することにしている。きちんと保険料を払った人が不公平感を抱きかねず、議論を呼びそうだ。 第3号の制度は1986年に始まり、現在は1021万人いる。その分の保険料は厚生年金や共済年金の加入者全体で負担している。夫が退職したり、自分がパートなどで年収130万円以上になったりした場合、第3号の資格を失うため、市町村に届け出なければならない。だが、行政のPR不足などで知らない人が多く、切り替え漏れが生じている。こうしたケースでは、国民年金保険料(現行月1万5100円)を納めていないため、本来はその分の年金が減ったり、無年金になったりする。だが、厚労省は1月から、直近2年分だけしか保険料納付を求めず、それ以前は納めていたと見なす救済策を実施していた。
(2011年2月1日03時02分 読売新聞)

そもそも、みなさん「第三号被保険者」という言葉自体をご存じですか?
士業関係や、会社の人事関係、役所勤務の方以外は、初めて聞いたという方もいらっしゃるかも知れませんね。

実際に「妻である限りは、年金の保険料を納めなくてもいい!!」と勘違いされている方が、実は非常に多いことが、調査でもわかっているのです。

例えば、仲良しのママ友がいるとします。
彼女とはいつも幼稚園の送り迎えから、お稽古ごとまで、ほぼ毎日行動を共にしています。
しかし、もしこのママ友の旦那さまが、自営業で八百屋さんを営んでいるとしたら??
彼女は、自分の保険料(現行月1万5100円、1年で18万1200円)は、自分で支払わなければならないのです。
またママ友の中でも、会社員のママも、自分のお給料の中から、年金の保険料が天引きされているのです。
あくまで年金の保険料をご自身で支払う必要のない方は、「サラリーマンの妻である専業主婦」の方だけなのです。

もちろん「こんなこと当然知ってるよ。」という方には申し訳ありませんが、前述の通り、ご存じのない方が非常に多いのです。
今回発覚した、切り替え漏れで年金保険料が未納の専業主婦の方が100万人以上存在するとは、はっきり言って尋常な数ではありませんよね。

しかし、未納の方のほとんどが、悪気があったとは思えません。
旦那さまが、定年退職や、またリストラなどで退社を余儀なくされた場合など、会社をお辞めになられた理由はさまざまですが、旦那さまが会社員でなくなったと同時に、奥さまも「第三号被保険者」ではなくなります。
このことを知らなかった方が、非常に多かったということです。

これは本当に、行政のPR不足だと言わざるをえません。

今回、この年金保険料は「離婚」と大きく関わりがありますので、新聞記事を掲載いたしました。
それは、サラリーマンの夫と「離婚」された場合も「第三号被保険者」ではなくなります。
離婚後に手続きを行っておられなかったため、保険料未納の方も多いようです。

この「第三号被保険者」の保険料は、各個人単位で、旦那さまが奥さまの保険料を払っているわけではなく、独身のサラリーマンや独身のOLさんが納めてくれている保険料も含めて、この制度を支えているのです。
つまり厚生年金の保険料を支払っている方全員の保険料で、「第三号被保険者」の保険料を支えているのです!!
ですからこの「第三号被保険者」の制度は、大変ありがたい制度なのです。

私個人は「第三号被保険者」であった期間はひと月もなく、会社員時代は、厚生年金の保険料を給与天引きされて、会社を退職した翌月から国民年金の保険料として1万5100円を納めています。
残念ながら「ありがたい制度」を利用する機会がなかっただけなんですが。。。
ですから、先日同じ境遇の友人と「今回の『未納期間をなかったことにしてあげる』という厚生労働省の救済措置には、きちんと保険料払ってきた私達にとっては正直納得いかないよね~(・_・;)」と話しておりました。
まぁ賛否両論あるとは思いますが、今回の措置を見てもわかるように、やはりありがたい制度なのですよ。

もし「離婚」されることによって「第三号被保険者」でなくなる方は、くれぐれも手続きを忘れないようにして下さいね。
ご自身で保険料を納めることも、新しい生活の第一歩となります。

「子のため」….離婚に悩む親

先日、新聞で興味ある記事を見つけました。それは、「子のため」.....離婚に悩む...という記事です。

それは、長年に渡る離婚相談を分析したところ、「時代は変わっても子どものために離婚を決断するか悩む親の姿は変わらない」というものでした。

1958年
「酒乱夫の暴力に耐えきれず家を出たが、子どもたちがあわれゆえ、また気をとり直して家へ帰りました。」

2004年
「浮気を続ける夫との離婚を考えたが、子どもから父親を取りあげてしまうことの残酷さを思い、決断できなかった。」

現代はクールな人間関係になってきているので親子関係にも変化があるのかと思いきや、子どものために離婚に悩む人の存在が多いのは、今も昔も同じであるのです。

一方、相談の回答では「子どものため」に離婚を勧めるケースも多いのです。
特に1990年以降、「子どものため」ではなく「自分のため」に離婚を判断するよう勧める回答が増えています。

「自分のため」が、同時に「子どものため」になることが前提ならばまず「自分のため」を考えること。
それが子どもに穏やかな日々を保証するのだと言っています。

スピリチュアル・カウンセラーの江原啓之さんの言葉で、心に響くものがありましたので、ご紹介します。

離婚は、親が選んだ一つの生き方ですが、離婚しない道も選べるのです。
子どもは「離婚しない親」を選んで生まれてくる訳ではありません。
ただ、そういう葛藤を抱える親を選んで生まれてきた、ということは言えるでしょう。

もし、その離婚が結婚生活からの「逃避」ではなく、学べることは全て学び、自分の非も認めた上での決断であれば、その離婚は、いわば「卒業」です。
ただの逃げで、離婚した場合は、魂の成長はなく、また同じことを繰り返してしまうことになりますが、「卒業」の場合は違います。

もし、みなさんの決断が「離婚」であったとしても、それが「卒業」であるように、精一杯お手伝いをさせて頂きたく思います。
もし「卒業」であるなら、きっとお子さまも、その「卒業」を喜んでくれるのではないでしょうか?

はじめまして・・・

はじめまして。
行政書士で離婚カウンセラーの岸田明子と申します。
これから,つたない文章ではありますが、日常の他愛ないことから少し堅い話題まで気の向くままに綴っていこうと思いますので、お付き合い下されば幸いです。

私の離婚の話で申し訳ないのですが、私の場合は、自分の母親と姉以外には誰一人にも相談せず、別居してからもその事実を職場や友人にも隠していました。
お互いの話し合いも平行線のまま別居期間は長引くばかりで、一生このままなのか?と思うこともありました。
そこで、藁にもすがる思いで行政書士に相談したわけです。
その時に先生が「半年でなんとか解決しましょう!」と言われた言葉に勇気づけられました。(M先生ありがとうございました。。。)

このブログをお読みになっている皆様も、相談相手と言えば、やはりご親族やご友人という方がほとんどですよね。
でも、全くの第三者の意見を聞いてみるのもひとつかな?って思います。
少し冷静になって、違った観点から物事が見えてくるかも知れません。
一人で悩んでいると、精神的にも不安定になりがちですよね。
思い込みで突っ走ってしまいがちです。
また本人が離婚を迷っている段階でも、思わず親が娘かわいさに離婚話をさっさと進めてしまうケースもありますからね。
とにかく離婚は人生の一大事でありますから、慎重すぎるぐらいじゃないといけません。

私は離婚から少し月日がたってから、「悪いのは相手だけじゃなかったんだな。私も反省する点はいっぱいあったな。」と素直に思えるようになりました。

またご縁があり、現在は再婚し、幸せな家庭を築くことができました。
今度は、日々小さな反省をしています(笑)
離婚を経験し、自分自身の至らなかった部分も反省できるようになった今だから、皆様のお気持ちがわかるのではないかと思います。

離婚は人生の一大事! 慎重すぎるぐらいじゃないといけません!!

大阪・ 離婚相談

行政書士でカウンセラー。修復のご相談も受付。

離婚を考えている方、離婚を決めた方、夫婦間問題でお悩みの方は一度「岸田明子事務所」にご相談ください。

当事務所が選ばれる 3 つの理由

1.経験

協議離婚の相談実績累計1,000 件以上。

2.親切・丁寧・リーズナブル

離婚の二文字が頭に浮かんだ瞬間から、あなたのお悩みを受け止めます。

3.相談体制

完全予約制の無料相談 ( 初回のみ ) 時間外・土日祝日・ 当日相談対応の事務所です。

完全予約制・初回無料相談

06-6310-9037(相談受付時間 月~金 10:00 ~ 20:00)

相談方法

  1. 面談相談
  2. 電話相談

空きがあれば相談できます

  • 時間外相談
  • 土日祝日相談
  • 当日相談

完全予約制・無料相談

06-6310-9037(相談受付時間 月~金 10:00~20:00)

  • 相談方法1面談相談
  • 相談方法2電話相談

時間外相談・土日祝日相談・当日相談。空きがあれば相談できます。

相談システムはこちら

事務所アクセス

江坂駅徒歩1分
大阪府吹田市豊津町1番30号
江坂ビル4F
  • 梅田駅より電車で 10 分
  • 新大阪より電車で 4 分
対応地域
ページトップへ
事務所案内 MAP
初めての方へ サービス一覧
費用 離婚協議書作成サポート
相談システム 相談予約/ご質問
協議離婚の基礎知識 相談事例
公正証書が安心な理由とは?? 離婚用語集
サービスに関するよくある質問 離婚カウンセラー岸田明子のブログ
プライバシーポリシー サイトマップ