離婚原因

「配偶者からの暴力及び被害者保護に関する法律」いわゆる「DV法」は、平成14年4月に施行され、平成16年また19年にも改正され、いっそう規制が強化されています。

この法律は、法律上の夫婦だけでなく同棲などの内縁関係にも及びます。

調停を申し立てた妻からの離婚原因として「夫からの暴力」は「夫の異性関係」と並び上位に位置しています。

今までは「法律は家庭に入らず」という考えのもと、妻よりの通報もまともに受けてくれないことが多かったのですが、現在は夫からの暴力も刑罰の対象となります。

妻は、裁判所に対して「保護命令」を申し立てることができ、これは別居中であっても内縁関係でも行えます。

「保護命令」の対象は、「精神または身体に危害を与えるような暴力及び心身に有害な言動」とされており相手に対し、(1)6ケ月間の接近禁止と(2)自宅からの2週間の退去を、命じることができます。

また平成19年より、面会の強要や、無言電話、連続の電話やメール、被害者の親族への接近なども禁止できるようになりました。

緊急避難として配偶者暴力支援相談センター(公的シェルター)があり、他にも母子生活支援施設や民間のシェルターで一時保護をしてくれます。

DV法が適用されるほどの暴力は、「婚姻を継続しがたい重大な事由」に当たります。

簡単にいうと「精神的な暴力、いやがらせ」ということです。

「夫婦間でのモラルハラスメント」は、夫から妻に対して行われることがほとんどです。

モラルハラスメントは暴力ではなく、精神的虐待により相手を追い詰めます。

夫は外面が良く、会社などでは「仕事もでき、家庭も大切にするいい人」と評価されているタイプが代表的です。

しかし、いったん家に帰ると妻に対し「お前は誰に食わせてもらっているんだ!」などと怒鳴り、妻を言葉で虐待します。

家庭では「自分自身がルール」ですが、このルールは自分の都合によりころころ変わりますから厄介なのです。

また毎日のように「お前は馬鹿だ」とか「お前が悪いんだ」と言われているため、妻も本当は全て自分に落ち度があるのだと思ってしまうことも多いのです。

そして何を言われても反論しない妻に対して、夫はますますモラルハラスメントを繰り返していくのです。

モラルハラスメントの被害に遭う妻は、責任感が強く几帳面で真面目な方が多いので、精神的な苦痛を一人でかかえているケースが多く、また頭痛、胃痛、不眠などの身体的な症状がでることもあります。

妻が長期間に渡る夫のモラルハラスメントに我慢しずぎて、うつ病になるケースもあります。

モラルハラスメントをする夫は、たいていは話し合いの機会を求めても拒否するため、離婚協議が困難になることが多いです。

自分を追いつめないで、思い切って一時別居してみるなどの実力行使が、案外良い薬になることもあります。

離婚までは考えていない方でも、夫の家庭での言動に対し疑問、苦痛を感じているのでしたら早めに専門のカウンセリングを受けることをお勧めします。

1

初回無料相談

まずはお電話下さい。06-6310-9037

メールフォームはこちら

離婚協議書作成

離婚には心のケアが必要です。

関西全域対応、平日夜9時迄、土日も対応。

事務所は江坂駅徒歩 1 分

アクセスはこちら

江坂駅へは
梅田より電車で 10 分
新大阪より電車で 4 分
  • 面談、電話相談は予約制です。
  • 時間外もできるだけ対応致します。お気軽にお電話下さい。
  • 土曜、日曜、祝日はご予約の方のみの対応となります。
  • 土曜、日曜、祝日もご予約頂ければ、出張相談可能です。

サービス一覧はこちら