嫡出推定制度

民法772条に、

  1. 妻が婚姻中に懐胎した子(懐胎とは妊娠のことです。出産ではありません。)
  2. 婚姻成立の日から200日経過後に生まれた子
  3. 婚姻解消後300日以内に生まれた子

は、夫の子と推定するという規定があります。

この法律は、子の福祉のため、父子関係を早期に確定し、子の身分関係を安定させることにあります。

女性の妊娠期間を考え、婚姻期間と出産時期との関係から子の父を推定し、「推定される子(上記(1)〜(3)にあたる子)」については、父親からの「嫡出否認の訴え」で親子関係を否定されない限り、法律上は父子関係にあるとされています。

初回無料相談

まずはお電話下さい。06-6310-9037

メールフォームはこちら

離婚協議書作成

離婚には心のケアが必要です。

関西全域対応、平日夜9時迄、土日も対応。

事務所は江坂駅徒歩 1 分

アクセスはこちら

江坂駅へは
梅田より電車で 10 分
新大阪より電車で 4 分
  • 面談、電話相談は予約制です。
  • 時間外もできるだけ対応致します。お気軽にお電話下さい。
  • 土曜、日曜、祝日はご予約の方のみの対応となります。
  • 土曜、日曜、祝日もご予約頂ければ、出張相談可能です。

サービス一覧はこちら