「知らない土地へ嫁ぐ」 大阪の離婚相談 岸田明子事務所

「知らない土地へ嫁ぐ」というと何か古い言い方になりますが、

つまりは、生まれ育った土地から全く違った環境の土地で、結婚生活をスタートさせるということです。

例えば、「関東出身の女性が、関西へ」「関西出身の女性が、関東へ」ということです。

もちろんこの二つだけではなく、例えば、大阪と京都、北大阪と南大阪という近距離であったとしても同じです。

妻が、知らない土地での生活になかなか馴染めず、実家へ帰ったところ、故郷の居心地がとてもいいので、

また夫のいる土地へ帰るのが、億劫になり、そのまま長期別居になるというケースです。

当事務所のご相談者さまも、こちらのケースに該当する方が、非常に多いです。

ご相談のケースは、その中でもさまざまで、「妻が帰ってこないという夫」「もう夫のいる家には帰らないという妻」

また、お子様を妻の実家へ連れて帰るという本格的なケースもあります。

私が、いつも感じることですが、「妻は寂しい」のです。

誰も知らない土地で、友人も誰一人いない、馴染みのない方言に囲まれ、細かな生活環境の違いにとまどい、

実家にちょくちょく帰ることもできない。。。

しかし夫は、会社中心の生活で、休日に妻と出かけることもなく。

夫は、毎日仕事があり、その中で、友人や仲間、また幼馴染なんかもいたりして。。。

「妻は寂しいのです。」

どうか、どうか、夫達は、「見知らぬ土地へ嫁いだ妻」をいたわってください!

もっと、もっと、夫婦で過ごす時間を作って下さい。

同じ地元同士の夫婦とは、明らかに「妻の寂しさ」が違います。

実家のある土地から離れて生活している妻へは、地元で暮らす妻の10倍のいたわりをしてじゅうぶんなんです!

 

 


 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kansai-rikon-support.com/mt/mt-tb.cgi/2

コメントする