法律上(裁判上)ではどこからが不倫??

2011/05/30

「不倫」とは具体的には、「配偶者のいる男や女が、配偶者以外の男性と恋愛し、性交を行うこと」と、

前回のブログで定義していました。

さて、争いになった場合、法律上(裁判上)では、どこからが不倫とされるのでしょうか?

不倫、つまり裁判で不貞行為とは、

①性交渉があること

 つまりキスをしただけでは不貞行為があったとはされません。

②ある程度の継続性があること

 そうなんです!!

 たった1回の性交渉では、不倫関係とは判断されない!といっても良いでしょう。

たった1回の性交渉であれば、プロの女性との交渉も不倫となってしまいますよね?

同じ相手と、複数回、継続的に性交渉があったかどうかがポイントとなります。

夫婦間では、「たった1回の性交渉」であったとしても、「配偶者の裏切り」であることには変わりなく、

1回だけの関係であっても、相手女性(または男性)に対して慰謝料請求したい気持ちは、もっともでしょう。

しかし裁判上では、この場合は、慰謝料請求が認められる不貞行為とされることは、ほとんどありません。

また、不倫関係にある男女について、その不倫関係の始まりが、「一方からの誘惑であるか」または

「お互いの自然な感情によるもの」であったかなどは問いません。

結果として不貞行為であったかどうかで判断します。

しかし、慰謝料請求の段階においては、「不倫関係の始まり」がどのような形であったかにより、請求する

慰謝料の金額に違いがでることはあるようです。

次回は、「不倫と慰謝料請求」についてお話致します。

初回無料相談

まずはお電話下さい。06-6310-9037

メールフォームはこちら

離婚協議書作成

離婚には心のケアが必要です。

関西全域対応、平日夜9時迄、土日も対応。

事務所は江坂駅徒歩 1 分

アクセスはこちら

江坂駅へは
梅田より電車で 10 分
新大阪より電車で 4 分
  • 面談、電話相談は予約制です。
  • 時間外もできるだけ対応致します。お気軽にお電話下さい。
  • 土曜、日曜、祝日はご予約の方のみの対応となります。
  • 土曜、日曜、祝日もご予約頂ければ、出張相談可能です。

サービス一覧はこちら