「善意の物資」行き場なし(?_?)

2011/05/01

先日、新聞でこんな記事を見つけました。

こちらは大阪市の場合ですが、他の地域も同じ状況ではないかと思われます。

「必要物資、震災直後から変化」

 東日本大震災の被災者支援のため、大阪市が市民から集めた救援物資の多くが、被災地に届けられないまま大量に保管されている。
震災直後に被災地から要請された物資は、発送する時点では、すでに必要とされていなかったのが理由だ。
せっかくの善意が生かされない形になっており、市民からは市の対応のまずさを批判する声も上がりそうだ。

タオル9万枚、おむつ17万枚...
 市は現地の要望を地震直後に聞き取り、3月22日から物資の受け付けを新品の5品目に絞って開始。
4月7日までに毛布3593枚、タオル10万177枚、ウエットティッシュ2万7621個、紙おむつ19万9073枚、水(ペットボトル入り)8566本が集まった。

 市は岩手、宮城、福島県に必要な品目と数を問い合わせたが、要望は少なかった。
3月31日から5回に分けて発送を始めたものの、結局、毛布約2800枚、タオル9万8000枚、ウエットティッシュ1万5000個、紙おむつ17万1000枚——と寄せられた物資のほとんどが余り、水は全てが残った。


P1010747.JPG

体育館で山積みになった市民からの救援物資(大阪市北区)

阪神、淡路大震災の時も、結局余った物資が破棄されてしまったそうで、神戸市は現金を募った

そうです。

ゴールデンウィーク中は、被災地入りするボランティアも、かえって交通渋滞を招いたりするため、規制しているそう

です。

しかし、今でも毎日「救援募金」を募る記事や、「募金箱」を至るところで目にします。

やはり「現金」の支援は必ず役に立つ!!ということを、改めて感じた記事でした。

個人的には以前から、いろんなお祝い事などでも品物ではなく「現金派」です。

送った方が必要なものに使えるからという理由からです。

確かに味気ないような気はしますが・・・ね(-_-)

最終的には、「一人一人ができる範囲での現金での支援は、行き場がなくなることはありません!!」

もちろんボランティアなどの「善意の心」のように直接的な支援ではありません。

お金ではなく、人の力が必要な場面も、たくさんあります。

人の温かさは、心を癒します。

しかし、現金での支援であっても、間接的には必ず役に立つのです・・・!!

間接的な支援であっても、気持ちは同じではないでしょうか?

みなさんはどう思われますか?

初回無料相談

まずはお電話下さい。06-6310-9037

メールフォームはこちら

離婚協議書作成

離婚には心のケアが必要です。

関西全域対応、平日夜9時迄、土日も対応。

事務所は江坂駅徒歩 1 分

アクセスはこちら

江坂駅へは
梅田より電車で 10 分
新大阪より電車で 4 分
  • 面談、電話相談は予約制です。
  • 時間外もできるだけ対応致します。お気軽にお電話下さい。
  • 土曜、日曜、祝日はご予約の方のみの対応となります。
  • 土曜、日曜、祝日もご予約頂ければ、出張相談可能です。

サービス一覧はこちら