ブログ

2011/02/02
先日、新聞で興味ある記事を見つけました。それは、「子のため」.....離婚に悩む...という記事です。

それは、長年に渡る離婚相談を分析したところ、
「時代は変わっても子どものために離婚を決断するか悩む親の姿は変わらない」というものでした。

1958年
「酒乱夫の暴力に耐えきれず家を出たが、子どもたちがあわれゆえ、また気をとり直して家へ帰りました。」

2004年
「浮気を続ける夫との離婚を考えたが、子どもから父親を取りあげてしまうことの残酷さを思い、決断できなかった。」

現代はクールな人間関係になってきているので親子関係にも変化があるのかと思いきや、子どものために離婚に
悩む人の存在が多いのは、今も昔も同じであるのです。

一方、相談の回答では「子どものため」に離婚を勧めるケースも多いのです。
特に1990年以降、「子どものため」ではなく「自分のため」に離婚を判断するよう勧める回答が増えています。

「自分のため」が、同時に「子どものため」になることが前提ならばまず「自分のため」を考えること。
それが子どもに穏やかな日々を保証するのだと言っています。


スピリチュアル・カウンセラーの江原啓之さんの言葉で、心に響くものがありましたので、ご紹介します。


     離婚は、親が選んだ一つの生き方ですが、離婚しない道も選べるのです。
     子どもは「離婚しない親」を選んで生まれてくる訳ではありません。
     ただ、そういう葛藤を抱える親を選んで生まれてきた、ということは言えるでしょう。


     もし、その離婚が結婚生活からの「逃避」ではなく、
     学べることは全て学び、自分の非も認めた上での決断であれば、
     その離婚は、いわば「卒業」です。
     ただの逃げで、離婚した場合は、魂の成長はなく、また同じことを繰り返してしまう
     ことになりますが、「卒業」の場合は違います。


もし、みなさんの決断が「離婚」であったとしても、それが「卒業」であるように、精一杯お手伝いをさせて
頂きたく思います。
もし「卒業」であるなら、きっとお子さまも、その「卒業」を喜んでくれるのではないでしょうか?

2011/02/01
P1010611-thumb-240x240-1.jpg


今日から、私めが使って良かったモノ、食べて美味しかったモノ、行って良かったお店、読んで良かった本など、
気の向くままにご紹介しま~す♪

今回は、こちらのコットンです!!
今回は、化粧水、乳液は主役ではありませ~ん(*^^)v
(D〇Cさま。。。すみませんです。。。)

「シルコット」というユニチャームから出ているお化粧用コットンです(^v^)
本当に「1/2の化粧水で驚くほどうるおう」のですよ!!

まず、化粧水を少量(←ほんとにいつもの1/2の量でOKですよ♪♪)コットンにひたひたと浸み込ませます。
そして、お顔全体をパッティングします。
しかし、これだけでコットンの化粧水はなくなりません!!

ここで、コットンを切れ目にそって二つに割っちゃいます。
そして、乾燥しやすい目の下から頬にかけて、左右を「ぺたっ!」と貼り付けます。

そして、テレビでも見ながら。。。ゆっくり5分ほどおきましょう。

お肌がふっくら元気になりますよ~(*^_^*)
お時間ある方は、続いて乳液もどうぞ!!

朝は時間がないので難しいかとは思いますが、夜は是非一度試してみて下さ~い!!
私のように乾燥が気になるお年頃の方には(*^^)v 強~い味方になりますよ~。
そうでないお若い方も使ってみて下さいね。

今回は、D〇C社の化粧水と乳液ですが、やっぱりピンチの時はコンビニでも手軽に買えて頼りになります!!
みなさん、お気に入りの化粧水で、ひたひたパッティング+貼り付けしちゃって下さいね。

あっ!! 気になるお値段!!
なんと、だいだいドラッグストアで¥198で、これまたリーズナブルな優れものです!!

2011/01/27
2011年の年があけてから、もう1月が経とうとしております。毎日「寒い~寒い(>_<)」と言ってるうちに、あっという間に月末ですね。

あっという間にひと月経ちましたが、ちょうど年末年始「麻木久仁子さんVS大桃美代子さん+山路氏」の
「泥沼不倫騒動!?!?」が、嫌というほどテレビのワイドショーで取り上げられていましたよね?

みなさんは、この騒動どう思われましたか?
私は当初、大桃さんがツイッターで大変なつぶやきをしたことに対し「責任ある立場の大人が、することちゃうわ!!」
と、どちらかといえば大桃さんの方に対し、少し嫌悪感を感じていました。

しかし麻木さんは事実、山路さんと再婚していたことなども明らかになり、テレビで街の主婦の方の感想を求めて
いるシーンなどを見ますと、大部分の方が大桃さんに同情的であり、麻木さんに対してはかなり厳しいコメントを
されていましたね。

麻木さんは、事件が公になった直後に、敏腕弁護士と言われる弘中弁護士(民主党小沢氏の弁護人であり、過去
ロス疑惑の三浦和義氏の無罪を勝ち取った方)の立ち会いの元で、最初の会見をされましたよね。

あの会見の中で、弘中弁護士が、
「最高裁の判例でも、夫婦生活が破たんしている場合においては不貞、不倫は問われない」
と発言されていましたが、正しくは、
「最高裁の判例でも、夫婦生活が破たんしている場合においては不法行為としての責任は問われない」
とした方が、まだ良かったのではないかと思いました。

そもそも急に最高裁の判例など出してきたところで、やはり一般人の感情としては理解に苦しむところですよね。
「籍が入っている時期の関係は、不倫でしょ!」
「夫婦関係が破たんって一方だけが思っていたら、それは破たんとは言えないでしょ!」
とか思いますよね。
逆にあの弁護士の登場は、麻木さんの印象を余計に悪くしてしまったようです。

不法行為の責任は問われなくても、やはり事実として、世間では「不倫は不倫」なのでしょう。
もう騒動は落ち着き、報道もほとんどありませんが、現在は「麻木さんは、再婚禁止期間の6カ月たってから山路氏と再婚したのか?」という新たな疑惑も出てきているようですね。
しかしこれは、過って役所が受理する可能性はほとんどないはずですから、ぎりぎり6ケ月はあったのだと思いますが。。。

麻木さんの「優しい嘘」山路氏の「残酷な沈黙」という名フレーズ!?も飛び出しましたが、この事件あと半年後に
騒動になっていたら、2011年流行語大賞に入選してたかも??ですよね(笑)

現在「麻木VS大桃」騒動は、明らかに麻木さんが分が悪いようですね~。
しかし個人的には、麻木さんに対して「知的な女性」として好感も持っていたので、テレビから消えてしまうのは少し残念な気がします。
まぁ一番の悪者は優柔不断な「山路氏!」てことで落ち着きそうですが。。。(^v^)


はじめまして。
行政書士で離婚カウンセラーの岸田明子と申します。
これから,つたない文章ではありますが、日常の他愛ないことから少し堅い話題まで気の向くままに綴っていこうと思いますので、お付き合い下されば幸いです。

私の離婚の話で申し訳ないのですが、私の場合は、自分の母親と姉以外には誰一人にも相談せず、別居してからもその事実を職場や友人にも隠していました。
お互いの話し合いも平行線のまま別居期間は長引くばかりで、一生このままなのか?と思うこともありました。
そこで、藁にもすがる思いで行政書士に相談したわけです。
その時に先生が「半年でなんとか解決しましょう!」と言われた言葉に勇気づけられました。(M先生ありがとうございました。。。)

このブログをお読みになっている皆様も、相談相手と言えば、やはりご親族やご友人という方がほとんどですよね。
でも、全くの第三者の意見を聞いてみるのもひとつかな?って思います。
少し冷静になって、違った観点から物事が見えてくるかも知れません。
一人で悩んでいると、精神的にも不安定になりがちですよね。
思い込みで突っ走ってしまいがちです。
また本人が離婚を迷っている段階でも、思わず親が娘かわいさに離婚話をさっさと進めてしまうケースもありますからね。
とにかく離婚は人生の一大事でありますから、慎重すぎるぐらいじゃないといけません。

私は離婚から少し月日がたってから、「悪いのは相手だけじゃなかったんだな。私も反省する点はいっぱいあったな。」と素直に思えるようになりました。

またご縁があり、現在は再婚し、幸せな家庭を築くことができました。
今度は、日々小さな反省をしています(笑)
離婚を経験し、自分自身の至らなかった部分も反省できるようになった今だから、皆様のお気持ちがわかるのではないかと思います。

離婚は人生の一大事! 慎重すぎるぐらいじゃないといけません!!

1   2   3   4   5

初回無料相談

まずはお電話下さい。06-6310-9037

メールフォームはこちら

離婚協議書作成

離婚には心のケアが必要です。

関西全域対応、平日夜9時迄、土日も対応。

事務所は江坂駅徒歩 1 分

アクセスはこちら

江坂駅へは
梅田より電車で 10 分
新大阪より電車で 4 分
  • 面談、電話相談は予約制です。
  • 時間外もできるだけ対応致します。お気軽にお電話下さい。
  • 土曜、日曜、祝日はご予約の方のみの対応となります。
  • 土曜、日曜、祝日もご予約頂ければ、出張相談可能です。

サービス一覧はこちら